a:12302 t:1 y:2

  チューリップバルーン

とやま気球連絡会 副理事長の佐藤清州の提案でチューリップ畑の上を飛んで見たいという企画をしました。
1996年から春の大会としてスタート。

それ以来、砺波のチューリップフェアの前にチューリップ畑を見て飛ぼうと開催しています。

画像の説明

最初は五月の連休直前の土日に開催していましたが、田んぼの準備も進み水を張った田んぼに着陸したり、いろいろトラブルがあった為、開催を早めて、4月の中旬に開催することになりました。

現在はチューリップフェアの開会も早くなり連休直前はフェア期間中になり大会は出来ません。

となみのチューリップは球根を育てるのが目的のため、開花すると病気等がないことを確認するとすぐに花を摘んでしまいます。

畑がきれいな期間は短いですが、運がよければ、開花したきれいな畑の上を飛行できます。

ただ、チューリップを潰すと高くつきますよ(笑)。ご注意ください。



2015年4月で20回を機会に佐藤清州は実行委員長を退任

2016年4月より新生 チューリップバルーンとして、実行委員長 橋本精一が新1回として実行

履歴